おかげさまで、エシカルフェスタ2018を無事に終えることができました。
登壇者、出展者、ワークショップ参加企業・団体、学生のボランティアさんたち、エシカルコンシェルジュたち、ご協賛いただいた豊島株式会社、コニカミノルタ ジャパン株式会社、イオントップバリュ株式会社、東京サラヤ株式会社、アリサン有限会社、ご後援いただいたESD活動支援センター、そして共催の聖心女子大学グローバル共生研究所の皆様、聖心女子大学の永田先生に心よりお礼申し上げます。
そして何よりも、参加してくださった皆様に心から感謝申し上げます。終わった時の皆様の笑顔があまりに素晴らしくて、私は涙が出ました。

3度目のフェスタは大学との協働という初めての試みでしたが、フェスタを終えて改めて感じるのは、未来を作る若者たちはまさに希望の光であるということ。私たち大人は、今若者たちが抱いているエシカルのタネを、安心をしながら将来発芽させられるように、そっと手助けしていったり、教育を通じて一歩ずつ深いところまで行きつけるように、お互いが導きあうことが大切である、と感じました。

そして、エシカルは多様であることも改めてわかりました。様々なアプローチがあり、ひとつひとつユニークで個性があり、だからこそエシカルは面白くてワクワクするものなんだ!ということをこのフェスタを通じて感じることができました。楽しさを通じて、エシカルを伝えることの大切さも改めて知りました。

エシカルは目的ではなく、イズムになってもいけない。
「繋がり」「手放し」「変容」「シェア」「答えのない問い」「物語性を取り戻す」「あきらめない」など、フェスタで溢れ出た様々な言葉の意味を噛み砕き、これからの活動の糧にしていきたいと思っています。エシカル協会は今後も地道に、謙虚に、かつ大胆に新しいことに挑戦を続けながら活動をしてきます。

皆様、どうか今後もよろしくお願いいたします!