エシカルフェスタ2018トークショーのご紹介!(続)

前回の記事に続いて、今回もトークショーの詳細をご紹介。
残りの3つのトークプログラムについてです。

④15:05−15:50
「ジェンダーを超える素敵なエシカル・ライフスタイル〜既成概念にとらわれない女性リーダーによる暮らしのヒント〜」

このトークはファッションジャーナリストの生駒芳子さんとエディブル・スクールヤード・ジャパン代表の堀口博子さんにお話いただきます。
生駒さんはファッションと日本の伝統工芸の世界、そして堀口さんは食と教育の世界でご活躍ですが、それぞれ根底にはエシカルな考え方をお持ちです。
生き生きと働くお二人の女性リーダーたちの魅力に迫ります!若い女性たちも必見のトークです!

生駒芳子
一般社団法人FUTURADITION WAO 代表理事、日本遺産プロデューサー,ファッションジャーナリスト、アート・プロデューサー。VOGUE、ELLEの副編集長を経て2008年より「マリ・クレール」の編集長を務め、独立。ファッション、アート、デザインから、社会貢献、クール・ジャパンまで、カルチャーとエシカルを軸とした新世代のライフスタイルを提案。地場産業や伝統産業の開発事業、地域開発など、地域創生に数多く取り組む。2015年より文化庁日本遺産のプロデューサー事業を手掛ける。2018年より、伝統工芸をベースにしたジュエルブランド「HIRUME」をスタートさせる。
三重テラスクリエイティブ・ディレクター、日本エシカル推進協議会副会長、レクサス匠プロジェクトアドバイザー、東京2020ブランドアドバイザリーグループ委員、東京2020オリンピック・パラリンピックマスコット審査会副座長、WEF(Women’s Empowerment in Fashion)理事。
http://isetan.mistore.jp/onlinestore/women/wao

堀口博子
一般社団法人エディブル・スクールヤード・ジャパン代表 。http://edibleschoolyard-japan.org
『食育菜園 エディブル・スクールヤード』(原著/センター・フォ ー.エコリテラシー)を翻訳編集を手掛けたこと(2006年)をきっかけに、日本におけるエデ ィブル・スクールヤードの普及を手がける。「すべての子どもたちに学校菜園を!」を心に刻み、2014年より多摩市愛和小学校をエディブル・スクールヤードの日本におけるモデル校にする実践活動が始まり、現在に至る。そもそもエディブル・スクールヤードへと至る旅は、八重山諸島の一つ西表島の布人、 石垣昭子さんとの出会いにさかのぼる。そこで観たものは、全ての生命の営みの中心には農(食)があり、人(子ども)を育てる資源は自然界の中にあるというシンプルな気づきからだった。それがその後、カリフォルニア州バークレー滞在中にエディブル・スクールヤードと出会い、強く惹かる。 「食」との関係をつなぎ直すことを学校が担う、教育として行う、それは全ての大人の責任ではないだろうか、と問い掛けるアリス・ウォータースの言葉に突き動かされてきた。そこに立ち戻るたびに、いつも子どもたちの笑顔がある。

⑤16:10−16:40
「2020年 みんな参加型循環型社会〜世界に発信される日本の循環力〜」

日本環境設計(株)取締役会長の岩元美智彦さんによる、あっと驚くリサイクルの最新技術のお話です。
エシカルを考える上でリサイクルは大切な取り組みのひとつ。
循環型社会はみんなで作っていくものです。皆さんもどうやったらその一部になれるのか、ぜひトークをお聞きください!

岩元美智彦
日本環境設計株式会社
取締役会長
1964年鹿児島県生まれ。1987年3月、北九州市立大学経済学部卒業。卒業後に就職した繊維商社では営業職に携わるなか、容器包装リサイクル法の制定を機に繊維リサイクルに深く携わる。2007年1月、現取締役社長の髙尾正樹とともに日本環境設計を設立。資源が循環する社会づくりを目指し、リサイクルの技術開発だけではなく、メーカーや小売店など多業種の企業とともにリサイクルの統一化に取り組む。2015年アショカ・フェローに選出。EY アントレプレナー・オブ・ザ・イヤー2015ジャパン チャレンジング・スピリット部門大賞受賞、Japan Venture Awards 2017中小企業庁長官賞受賞。著書『「捨てない未来」はこのビジネスから生まれる』(ダイヤモンド社)。

フェスタ最後のトークは、締めくくりとしてぜひとも皆さんに聞いていただきたい内容です。

⑥17:00−17:45
「エシカルとしあわせ」

「エシカルとしあわせ」を実現するためには?シンプルですが、とても深い問いについて、3人の方々にお話をいただきます。
文化人類学者で環境活動家、明治学院大学教授の辻信一さんと、浄土真宗本願寺派光明寺僧侶の松本紹圭さん、そして聖心女子大学の永田佳之教授によるまたとない組み合わせによるクロストークです。
エシカルフェスタの締めくくりに、もう一度ゆっくりとみんなでエシカルとはなにか、しあわせとはなにか、を考えましょう。
きっと答えのない問いですが、一人ひとりが意識をもってこの問いに向き合うことが大切です。
向き合うためのヒントがたくさん聞けるはずです。ぜひ皆さん最後までご参加ください!

辻信一
文化人類学者。環境運動家。明治学院大学教員。「スローライフ」「GNH」「キャンドルナイト」などをキーワードに環境=文化運動に取り組んできた。東日本大震災以後は、国内外で「しあわせの経済」や「ローカリゼーション」などの運動を展開。著書に『スロー・イズ・ビューティフル― 遅さとしての文化』(平凡社)、「ゆっくりノートブック」シリーズ(全8巻、大月書店)、『よきことはカタツムリのように』(春秋社)など多数。 2009年より映像制作を手がけ、「アジアの叡智」(現在6巻)、『ヒルデガルト―緑のよろこび』(SOKEIパブリッシング)など、DVDブックを刊行。

松本紹圭
1979年北海道生まれ。東京神谷町・光明寺僧侶。未来の住職塾塾長。武蔵野大学客員准教授。東京大学文学部哲学科卒。2010年、ロータリー財団国際親善奨学生としてインド商科大学院(ISB)でMBA取得。2012年、住職向けのお寺経営塾「未来の住職塾」を開講。以来、計500名を超える意識の高い若手僧侶が「お寺から日本を元気にする」志のもとに各宗派から集い、学びを深めている。2013年、世界経済フォーラム(ダボス会議)のYoung Global Leaderに選出される。『お坊さんが教える心が整う掃除の本』(ディスカバートゥエンティワン)他、著書多数。

永田佳之
聖心女子大学・教育学科教授/聖心女子大学グローバル共生研究所副所長
「世界でいちばん自由な学校」と言われるサマーヒル学園との出会いをきっかけに、
1990年代から各国のオルタナティブな教育現場に滞在し、ユネスコの仕事に従事するようになる。
近年はESD(持続可能な開発のための教育)の実践や理論の研究、アニメーションを活用した気候変動学習などに取り組んでいる。
著書に『新たな時代のESD:サスティナブルな学校を創ろう』『オルタナティブ教育』他。ユネスコ/日本ESD賞国際審査委員。

以上、午前11時〜フェスタ終わりまで、6本のトークショーをお送りいたします。
お楽しみに!!!


エシカルフェスタ2018トークショーのご紹介!

5月12日のフェスタ当日まで、エシカルフェスタの内容や見どころをお伝えしていきます。
まずは宮代ホールで行われるトークショー、最初の3本の内容をご紹介。

11:00〜11:15までオープニングが行われます。
こちらは全員集合して1日の始まりを共にしたいので、ぜひ宮代ホールに集まってください!

11:15−11:45
未来をつくる「エシカル消費」〜誰一人取り残さない〜

最初のトークは消費者庁の岡村和美長官にお越しいただきます。
消費者庁は「倫理的消費(エシカル消費)」を国民に向けて広めていくために、様々な取り組みを行ってきました。
今までの取り組みについてご紹介いただきながら、政府としてエシカル消費をどのように捉えているのか、今後どのように進めていくのかなどお話を伺っていきます。長官自らお話いただく機会は滅多にないので、この機会をお見逃しなく!

消費者庁長官
岡村 和美( おかむら かずみ)
(東京都出身)
弁護士、米国ニューヨーク州弁護士、法務省・金融庁等での執務を経て、
2014年法務省人権擁護局長、16年8月消費者庁長官。

②13:00ー13:45
この地球で暮らし続けるために〜「持続可能」の本当の意味を考える〜

環境をテーマにお二人にご登壇いただきます。
パタゴニア日本支社長の辻井隆行さんと(一社)Think the Earth理事の上田壮一さんです。
そもそもエシカルを考える上でも、健康な地球がなければ何も始まりません。
辻井さんはアウトドアメーカーとして、上田さんはクリエイティブ・ディレクター・プロデューサー、大学客員教授という立場から
環境のための最前線の取り組みなどについて語っていただきます。
きっと目から鱗のお話が聞けるに違いありません!

パタゴニア日本支社長 
辻井 隆行(つじい たかゆき)
1968年東京生まれ。早稲田大学大学院社会科学研究科修士課程(地球社会論)修了。99年、パートタイムスタッフとしてパタゴニア東京・渋谷ストアに勤務。2000年、正社員として入社。鎌倉ストア、マーケティング部門、卸売部門などを経て09年より現職。03年にはグリーンランド、07年にはパタゴニアに遠征してシーカヤックと雪山滑降を行うなど、自然と親しむ生活を送りながら、#いしきをかえよう http://change-ishiki.jp/ の発起人の一人として市民による民主主義や未来のあり方を問い直す活動を続ける。2016年、日経ビジネス「次代を創る100人」に選出。

上田壮一(一般社団法人Think the Earth 理事/多摩美術大学客員教授)
東京大学大学院工学系研究科修了。広告代理店勤務を経て、2001年にThink the Earth設立。以来、コミュニケーションを通じて環境や社会について考え、行動するきっかけづくりを続けている。主な仕事に地球時計wn-1、携帯アプリ「live earth」、プラネタリウム映像「いきものがたり」、書籍『百年の愚行』『1秒の世界』『グリーンパワーブック 再生可能エネルギー入門』ほか多数。国連生物多様性の10年 日本委員会(UNDB-J)が広報事業として主催する「生物多様性アクション大賞」を立案・運営 (2013-)、トヨタの社会貢献型プロモーション活動「AQUA SOCIAL FES!!」アドバイザー (2012-2017)。 グッドデザイン賞審査委員(2015-2017)。2017年にSDGsを学びの場に届ける活動「SDGs for School」を立ち上げ、第一弾となる書籍『未来を変える目標 SDGsアイデアブック』を発行した。

③14:00ー14:45
次世代と描くエシカルな未来

大学生チームと高校生チームがそれぞれのエシカルな活動の報告をし、未来のエシカルについて語ってもらいます。
大学生のチームは、聖心女子大学2017年度スリランカ・スタディツアー参加者たち。
去年スリランカ・スタディツアーで、サステナビリティをテーマに活動してきたチームが、田舎の小学校を訪れ、現地の子どもたちと一緒に持続可能な環境や社会について考えるリサイクルワークショップを行った様子などを報告してくれます。
高校生チームは横浜国際高等学校の生徒たちが、普段の授業や日常の中で取り組んでいるフェアトレードの活動について報告をしてくれます。

「フェアトレード」は中学と高校の教科書に、「エシカル」も高校の教科書に掲載されており、学校教育の中で教えられています。
10年、20年後の社会や消費を担う若い世代が、どのようにエシカルを捉え、未来を考えているのか。
若者の本音が聞ける魅力的なトークになるはずです!

次回の投稿に、残りの3本のトークショーの詳細をご紹介いたします。
今後、ワークショップの情報なども順次投稿していきますので、チェックしてくださいね。


5/12(土)エシカルフェスタ2018開催!

毎年5月第2土曜日は世界フェアトレード・デー
世界中でフェアトレードをアピールする日です。
今年も私たちエシカル協会は、1年に1回のこの機会に、フェアトレードのみならず、エシカルな生産や消費、ライフスタイルを考え、発信するために、”エシカルフェスタ”を開催します!
エシカル協会Facebookからフェスタ専用のイベントページもあります。
ぜひ併せてご覧ください。

エシカル協会Facebookイベントページ

Read More


2018春 エシカル・コンシェルジュ講座、申込受付スタート!

皆さま、大変お待たせいたしました!

協会主催2018年春エシカル・コンシェルジュ講座、申込受付スタートです!!!
いよいよ講座の準備が整いました。
今期もまた新たな講師の方々をお招きし、エシカルの学びが深める内容になっております。
ぜひ奮ってご参加ください!講座でお目にかかれることを楽しみにしております。
(写真は前期講座の楽しそうな様子です♪)

私たちは今までの講座において、参加お申込みや受講料お振込みのご案内などを個々にメールで対応してまいりました。
今回からサービス拡充をはかり、グレートインフォメーション株式会社のジックZという仕組みを使って、講座のお申込みや受講料決済を行える専用サイトを立ち上げました。
以下の専用サイトから、詳細をご確認の上、お申し込みください。

https://gicz.jp/open/2018sp1/index.html

講座概要:

日時:4/21, 4/28, 5/19, 6/9, 6/23, 7/7, 7/14, 7,28, 8/4 《全て土曜》
一回目4月21日のみ、16:00~17:30
二回目以降(4/28, 5/19, 6/9, 6/23, 7/7, 7/14, 7,28, 8/4)15:00〜 16:30
※一回目のみ開始時間が異なりますので、ご注意ください。

場所:オーセンティックワークス セミナールームABC
東京都新宿区四谷2-11 アシストビル5階
(東京メトロ 四谷三丁目駅より徒歩5分)


朝日新聞社未来メディアプロジェクト「2030SDGsで変える」で連載中!

皆さん、こんにちは!
ご無沙汰しております。
今日は、代表末吉が連載中のサイトのご紹介です。
朝日新聞社未来メディアプロジェクト連載サイト

朝日新聞社未来メディアプロジェクトにて、「2030SDGsで変える」というテーマでエシカル消費について連載をしています。
まだ始まったばかりで、現時点では第一回目しか掲載されていませんが、1ヶ月に1度のペースで続けていきます。
初回のタイトルは「エシカル消費とは?意味や考え方を知れば、人生が変わるかもしれない|事例を交えて紹介」です。

実はSDGs(2030持続可能な開発目標)とエシカル消費は親和性が高く、目標12「つくる責任 つかう責任」がまさにエシカル消費のことを指しています。
エシカル消費を実践すれば、目標12だけでなく、他の目標を同時に網羅して達成に貢献できます。
17個の目標のうち、どんな人にも一番身近に感じてもらえるのがエシカル消費なので、今後さらに注目されることと思います。

サイトではSDGsとは何かについても詳しく知ることができるので、ご興味ある方はぜひご一読ください。


新年のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。
皆さんはどんなお正月をお過ごしになりましたか?

2018年もエシカル協会は、地道に、丁寧にエシカルの種を蒔いていきます。
種蒔きは私たちだけではできません。
皆さんと共に蒔いていきたいです。

春からは、新たなエシカル・コンシェルジュ連続講座をスタート、
5月12日(土)の世界フェアトレード・デーには、恒例のエシカルフェスタを開催する予定です。
コミュニティの輪を育むためにも、チャレンジを重ねていきます。

新しい年が、しあわせに満ちたエシカルな年になりますように。
皆さんの健康と心の平安をお祈りしています。
今年も一年、どうぞよろしくお願いいたします。

Go Ethical!!!

エシカル協会一同


第八回エシカル・コンシェルジュ講座レポート(講座最終回)

こんにちは、桑原です。
クリスマスはいかほどにお過ごしになったのでしょうか。僕は熱々なカップルを横目に男友達とラーメン屋に行き、そのあと仲間と20kmのジョギングをするという地球温暖化も顔負けの熱々な夜を過ごしていました。
冗談はさておき、今年も残すところあとわずかとなりました。寒さもますます厳しくなることが予想できますので、お身体には十分お気をつけになり良き新年を迎えましょう!

さて、第七回の講座では起業家で株式会社HASUNA代表である白木夏子さんにお越し頂き、「世界を変える、エシカルなブランドビジネス」についてお話いただきました。Read More


第七回エシカル・コンシェルジュ講座レポート

こんにちは、桑原です。
つんとした冷たい空気に、ひんやりとした風、吐く息も白く、もう季節はすっかり冬ですね。イルミネーションイベントもあちらこちらで盛り上がりを見せているようですが、みなさんはもうどこかに足を運ばれましたか?有名なハウステンボスの「光の王国」では壮大なイルミネーションを楽しむことできそうです。ここでは一日に3900kwhの電気を消費しており、 一晩で10万円の電気代がかかっているそうです。あれだけ多くの電飾を使いながら10万円に抑えられるのは全ての電飾にLED電球が使われていることが理由ですが、僕はこの省エネ効果に感動してしまいそうです。…って、こんな話しをされても女子はドン引きするだけなので、心の中で密かに楽しむことにします。笑

さて、第七回の講座では国際環境NGO 350.org JAPAN の代表である古野真さんにお越し頂き、「エシカル金融と地球温暖化」についてお話いただきました。

350.orgは気候変動の深刻な影響を回避し、安全で公平な社会を実現することを目標に、2008年に米国の大学生によって結成されました。現在は世界20カ国以上に支部があります。古野さんは2年前に日本支部を立ち上げ、「市民の力」「お金の流れ」「エネルギー転換」に焦点を当て、エシカル金融、ロビー活動、セミナーや勉強会など幅広く活動しています。Read More


第六回エシカル・コンシェルジュ講座レポート

みなさまこんにちは、桑原です。

いよいよ晩秋、紅葉が綺麗な季節も終わりを迎え、寒〜い冬がやってきます。皆さん準備は万全でしょうか?
そうそう、先日、WWFの雑誌で紅葉に関する記事を読んでいて興味深いコラムを見つけたのでご紹介します。紅葉を終えた落ち葉は雨水によってカビが生え、柔らかくなったところから虫に食べられ、分解され糞になり、さらに微生物によって分解され、土の栄養分として生まれ変わるのだそうです。最終的に土へと姿を変えた落ち葉は養分として根から木に吸収されて行くそうです。自然は循環型社会のお手本ですね。この循環を守るために落ち葉はゴミとして焼却するのではなく、そっと土に返してあげるのが良いそうです。

さて、前置きが少々長くなってしまいましたが、第六回の講座ではNPO法人アニマルライツセンターの代表理事である岡田千尋さんにお越し頂き、「エシカル消費と動物への配慮」についてお話いただきました。Read More


第五回エシカル・コンシェルジュ講座レポート

皆さま、こんにちは桑原です。
最近はポカポカ陽気が続き、秋らしい天気を楽しむことができるようになりました。北風に揺られ少しずつ葉が散り始めていますが、まだまだ紅葉を楽しむことができそうです。

さて、第五回の講座ではNGO法人ヒューマンライツ・ナウ事務局長で弁護士も務められる伊藤和子さんにお越し頂き、「モノを作る人たちの人権とエシカル」についてお話いただきました。Read More