代表挨拶

ごあいさつ

代表理事挨拶

「1人の100歩より、100人の1歩が世界を変える」

2015 年にたった 3人の理事から始まったエシカル協会ですが、同じ年に SDG’s(持続可能な開 発目標)か国連によって採択されてから、
日本の企業や自治体がこの「世界共通目標」を用いて、持続可能な社会を作っていく機運が高まりました。
また、学校教育においても大きな変化がありました。2017 年に公示された学習指導要領の前文に、歴史上初めて「これからの学校には、一人一人の生徒が、持続可能な社会の創り手となることができるようにすることが求められる」と明記されました。

エシカルを広めるためにとても重要なのは、一人でも多くの人がエシカルの重要性を知り、できることから実践し、そして伝えていく、というプロセスです。
こうした人たちが誇りを持ちながら、共に手をとり、共感を深め、コミュニティを育んでいけるような環境作りも私たちの使命です。

設立からせっせとエシカルの種を蒔いてきましたが、今後も地道な活動を通じて、エシカルの普及とともに、協会としても成長していきます。

末吉里花 プロフィール

慶應義塾大学総合政策学部卒業。TBS系『世界ふしぎ発見!』のミステリーハンターとして世界各地を旅した経験を持つ。
フェアトレードやエシカルを中心に活動を展開し、持続可能な社会の普及を目指す。
日本全国の企業や自治体、教育機関などで講演、各地のイベントでトークショーを行う。
著書に『祈る子どもたち』(太田出版)。新刊『はじめてのエシカル』(山川出版社)。
消費者庁「倫理的消費」調査研究会委員(2015.5〜2017.3)、東京都消費生活対策審議会委員、日本エシカル推進協議会理事、日本サステナブル・ラベル協会理事、NPO法人FTSN(Fair Trade Students Network)関東顧問、1% for the Planetアンバサダー、ピープルツリーアンバサダー、日本ユネスコ国内委員会広報大使